しっかりと管理する|在庫管理で楽々経営|赤字知らずの会社に成長

在庫管理で楽々経営|赤字知らずの会社に成長

握手

しっかりと管理する

メンズ

情報共有の方法について

企業の中に情報共有ツールを作る事は非常に大切なことです。どうやって情報共有ツールを作るのかと言うと、システム開発企業に委託するのです。システム開発企業に委託することによって、とても使い勝手の良い情報共有ツールを作ることができます。それでは店舗の情報共有ツールはどのようなものなのでしょうか。もちろん、企業それぞれによって利用するツールは異なります。しかしながら、大体はイントラネットを利用します。費用は全くかからない場合もありますし、数十万円から数百万円程度のシステム構築費用がかかるケースもあるでしょう。イントラネットとは、社内だけで閲覧できるインターネットのことを指します。社内にいる時にしか閲覧することができませんので、他の会社などに情報が漏れることもありません。

イントラネットの特徴について

情報共有ツールを作ることができるイントラネットは、社内のパソコンからでしか閲覧できないようにすることができます。つまり、他の会社からアクセスできないページを作ることができるということです。ですから、会社の人間だけにしか見せたくない情報などを共有するのにとても便利です。例えば、社員の日報等をイントラネットで情報共有することが可能です。営業の日報をイントラネットに掲載することで全社員がその営業日報を確認することができるのです。そのような情報共有を通じて、全社員の方向性を位置させる働きが生まれます。そうすれば、全社員が同じ方向を向くことができますので、会社の方向性が一致するというわけです。これが情報共有の大切さでもあります。