まずは理解する|在庫管理で楽々経営|赤字知らずの会社に成長

在庫管理で楽々経営|赤字知らずの会社に成長

握手

まずは理解する

男の人

福利厚生の流れに関して

福利厚生は会社が従業員に対して提供している制度であり、内容は各会社ごとに異なっています。また大手企業であれば、従業員のための住宅や従業員向けの病院を設置したりしています。なお従業員向けに作った病院は、地域社会への貢献として地域住民も利用できるようにしています。その後時代が経つにつれて、福利厚生の内容が多様化したり、新たな出来事も起きています。例えば従業員の子供を預かるための施設を設置したりして、社員が働けるようにしています。また別の例を挙げると、大手鉄道会社の中には社宅などを新しくして賃貸として提供しているところがあります。すなわち福利厚生である寮を収益を生み出す資産と考えて、新たな利益確保を図っているということです。

その時々の時代に応じた内容が登場

企業が従業員に提供する福利厚生は現在では、多種多様なものが登場してきています。さらに今後は、時代の変化ごとに新たな内容が出現してくる可能性があります。そのうちの一つに、違う業種の会社が提携を組んでそれぞれの会社の福利厚生を利用できるようにするということです。例えば鉄道会社と航空会社が提携したとき、両社の社員がそれぞれの制度を使えるようにします。具体例で言えば、鉄道会社の従業員がその航空会社が運行する路線を安く利用できることです。反対に航空会社の従業員は、その鉄道会社の鉄道をお手頃な値段で乗車することができることです。このように互いの会社の制度を活用して、利用者を増やすと同時に就職者の募集を図ることができます。